由利麟太郎

由利麟太郎|3話の感想ネタバレ考察まとめ(6/30放送分)

yuririntarou minogashi douga
オタク女
オタク女
今夜は第3話。今夜は麟太郎×等々力のバディ!そしてピンヒールがキーの殺人…!今夜のゲストは浅利陽介さんなのも楽しみ。

今回の記事では由利麟太郎を見逃してしまい、無料で見ることが出来ないか探している人に向けた内容です。

結論からいうと、由利麟太郎は無料で視聴可能ですので、ご安心下さい。

由利麟太郎

横溝正史原作「由利麟太郎シリーズ」を初めて連続ドラマ化。

歌手、俳優の吉川晃司(54)が名探偵・由利麟太郎役で地上波連ドラに初主演する。 由利は元警視庁を退職後、京都に移住し、犯罪心理学者として怪事件に挑む。

バディーを組むのは志尊淳(25)演じる作家志望の俊助。

由利は横溝の「犬神家の一族」など金田一耕助シリーズより前に誕生した名探偵。おどろおどろしい奇怪な世界を新解釈したミステリーだ。

由利麟太郎を無料視聴する方法

STEP1:FODプレミアムに登録

STEP2:由利麟太郎を視聴する

STEP3:2週間のトライアル期間内に解除で0円

由利麟太郎 3話見逃し動画はこちら(6/30放送分)

yuririntarou minogashi koushiki
動画配信サービス名 配信状況
・民間放送テレビポータルTver(ティーバー) 放送終了後1週間のみ視聴可能
FOD(フジテレビオンデマンド) 第1話から最終話までFODで視聴可能

 

FODは月額課金のサービスにはなりますが、Amazon Pay(アマゾンに登録してるクレジットカードでの決済)でお支払いの場合、なんと初月無料になります!

そして、途中解約してもお金は一切発生しません!

ですので、無料期間中はFOD内のコンテンツは好きなだけ見れます!また、電子書籍も見れるので相当楽しむ事が出来ますよ。

由利麟太郎をFODで無料視聴する

配信
31日無料
配信
14日無料
配信
2週間無料
配信
30日無料

※紹介している作品は、2020年6月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。

由利麟太郎とはどんなドラマ

カンテレ・フジテレビ系火曜夜9時の新ドラマ(6月16日放送スタート・5週連続特別ドラマ)が、吉川晃司主演の『探偵・由利麟太郎』に決定した。

この作品は、金田一耕助シリーズで知られる横溝正史が世に送り出した、戦後初の本格長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎シリーズ」を初めて連続ドラマ化したもので、ロックミュージシャンであり、俳優である吉川にとって、地上波連続ドラマ初主演となる。

吉川演じる主人公・由利麟太郎は、元警視庁捜査一課長という経歴を持つ、白髪の名探偵。そして、そんな由利を敬愛し、助手としてバディーを組むのは、志尊淳演じるミステリー作家志望の青年・三津木俊助。

昭和を代表するミステリー作家・横溝正史のおどろおどろしい、奇怪な世界を現代風に新解釈!新たな名コンビによるホラーミステリーを“京都”を舞台に描く。

由利麟太郎 3話のあらすじ

仮装パーティーに出演したモデルの名越優美(村川絵梨)は、出番を終えて戻ってきたVIPブースで、サンプルと思われる香水の美しい小瓶を持ったピエロに遭遇。

思わず手に取った優美だが、モデル仲間の白川珠喜(島居香奈)にその小瓶を取り上げられてしまう。

その直後、優美に代わって香水を浴びた珠喜は突然、けいれんを起こし、倒れてしまう。

優美が慌てて助けを呼びに行くと、すれ違うようにやってきたのは俊助(志尊淳)。

出版社の編集担当・山岸(木本武宏)に誘われパーティーに参加していた俊助は、偶然にも珠喜が履いていたピンヒールを拾い、持ち主を探していたのだ。

そして、行きついたVIPブースで眼から血を流して死んでいる珠喜を発見。

俊助は殺人容疑で逮捕されてしまう。

一方、店の裏口では、モデル仲間・川瀬文乃(阿部純子)が、踊りながら歩き去るピエロを目撃していた——。

帰宅した優美は、パーティーで起きた惨劇を料理研究家志望の夫・恭介(浅利陽介)に話す。

恭介はショックで打ちひしがれている妻をなぐさめようとするが、優美はうんざりした様子で恭介にきつい言葉を浴びせる。

翌朝、等々力(田辺誠一)から俊助逮捕の知らせを受けた由利(吉川晃司)は、早速、珠喜を毒殺した真犯人を捕まえるべく殺人現場へ。

「久しぶりのタッグだ」とどこかうれし気な等々力とともに、犯人が残した痕跡を追っていく。

一方、ピエロの目撃者である文乃の家には何者かが忍び寄っていて……。

また、留置場の俊助は由利との出会いを思い出し、今回の事件を整理していた。

そして由利は、壊れた懐中時計を見ながらある過去の事件を思い出していた。

それは警視庁捜査一課長を由利が退職する原因となった事件で…。

公式HPより引用

由利麟太郎 3話のネタバレ感想考察

3話感想・ネタバレ                

・今回は等々力×麟太郎バディとのことでわくわく。

・仮装パーティーに怪しげなピエロ。そして俊助は編集担当の山岸に誘われ参加する。木本さん登場!海賊の仮装だったww

・モデルの優美は出番を終え、事務所社長と不倫中。なんかあるあるな感じw

文乃は白のピンヒールを履きたくないと社長に言う。

そして和風のピンヒールを社長に渡し、裸足でランウェイ歩くことにw

そこまで嫌なんだ…ww

・2階席に居た珠喜がでめまいを起こす。ピンヒールの片方を意識朦朧としながら落としてしまう。

それを偶然下に居た俊助が拾う。

・ピエロ現場から逃走する。

・俊助が自分が拾ったピンヒールの片方を履いている珠喜に渡そうとすると、目から血を垂らして死んでいた。

・俊助まさかの逮捕ww

・優美が帰宅し夫の恭介に疲れもあって厳しく当たってしまう。疲れというか元々上手くいってない…?

・麟太郎登場。今宵も弓矢で集中するも、的が外れる。まあ最初はねいつもだよね。

・等々力から俊助が逮捕されたと知る。珠喜は毒殺だったようで、殺人容疑として捕まってしまったのだった。

・大家の聡美さん、麟太郎にクッキーを渡すwwそして食べずに甘いと判断する麟太郎。さとうきびで作ったらしい。

結局甘かったため、俊助にあげることにww

麟太郎にきゅんとしてる大家さん可愛い。

・俊助の元に来た麟太郎。その手にはあのクッキー。差し入れかと思いきや、食べ物の差し入れはNGのようで、麟太郎が全部食べたとのこと…え…きゅんなんですけど…。あの時食べなかったのに…。捨てることしないで、俊助が食べたことにして自分が食べたの…??きゅんです。

・現場検証する麟太郎×等々力。イベントに参加したモデルは3人。

珠喜、文乃、優美。

救急車を外に出て呼んだのは優美。救急車を呼んでる時、叫び声が聞こえ、屋内に戻った。

・文乃は叫び声を聞く時にはもう帰宅していたとの証言。

麟太郎のトレースで足跡から3人の行動を推測する。

・ピンヒール以外の靴跡が外に伸びていて、「踊った」らしい。

確かにピエロが逃げて裏口か出た時、踊っていた。安心からかな…?

その時時計も確認しており、外に居た文乃に目撃されている。

・文乃は珠喜をあまり好きではない様子。珠喜のコップ、死んだ日にゴミ箱に捨ててたもん…。

・文乃、部屋で音楽を聞いている。そして誰かがアロマ加湿器に何かを混入させている。

まさかのピエロ登場。

・その赤いアロマの蒸気を吸ったせいか、文乃の視界がぐらつく。文乃は必死に逃げるも意識を失ってしまう。

そしてピエロは文乃の部屋に並んでいるピンヒールを見ている。

何か探してる…?

・等々力のたい焼きなんだけど、ご飯と一緒に食べてるよ…???やばない…??

・久々のタッグは弓道部以来らしい。

・俊助と麟太郎のファーストコンタクトは、麟太郎の呼び名から始まった。

俊助との温度差が酷くて笑うww麟太郎のオーラに怖がって焦っている様を観察されて最終的に謝ってた俊助wwそして呼び名は先生に決まる。

・恭介と優美、恭介は料理研究家志望。倉庫を借りる為に優美からその資金を借りようと話をするも、優美は冷たく拒否。この夫婦は完全に冷めきっている。

・事件当日、香水が配られた。モデルの3人が宣伝部隊だったらしい。

あのピンヒールも。

それを配っていたのもピエロ。そして文乃は優美がピエロから受け取った香水を奪った直後に死んだ。

・麟太郎回想。女の人が海に落ちていくのを助けられなかったシーン。

そして壊れた懐中時計。麟太郎の部屋にあるいつも同じ場所にある椅子も関係あるのかな…。

・麟太郎のトレース捜査によってピエロの靴は34cmだった。

・倉庫の見取り図をみる恭介。そして倉庫には大量のマネキンが。

そして全てあの和風ピンヒールが履かれていた。

そして優美と事務所社長の不倫写真を見る恭介。知ってたんだね。

・恭介と優美の自宅にピエロが現れたと通報を受ける等々力と麟太郎。

さらに詳しい話を聞きに、事務所社長に事情聴取する麟太郎と等々力。

文乃はあの日白いピンヒール履きたくなくて裸足でランウェイ歩くし、珠喜は死ぬし、もう優美しかいないと社長嘆くw

優美との関係聞かれると分かりやすく逆切れw

・あの日ピエロは見たかと確認すると、見たと社長。そして秘書も見たと言うがなぜか焦っている。

・麟太郎と等々力が倉庫を訪ねる。そこにピエロが麟太郎を襲う。

・そして文乃が和風ピンヒールを履いたまま階段で死んでいた。

そこには『ピンヒールは呪われてる』と大胆に犯人の置手紙が残されていた。

・麟太郎はサイコパスのやり方ではなく、行き当たりばったりな犯行だと推測。

そして臆病だと。

・裏口から出たピエロの足跡が鑑識によると、恭介だと判明。

恭介が麟太郎たちにだしたハーブの栽培の際についた土が現場に残っていたため。

・麟太郎が弓で的を、俊助はご飯を丸めて壁の傷の真ん中に当たる。

そしてその瞬間、俊助は無罪である証拠が届き、釈放が言い渡される。

・恭介は優美に社長との不倫を突き詰めるもはぐらかされる。

そして遂にピエロの仮面を出し、優美を襲う。

・優美の不倫を知った恭介の復讐だった。

優美のメールは恭介にも転送されるよう仕込んでいたらしい。怖い。

あの日、優美を殺そうとしたが、まさか香水を珠喜が奪うなんて思わなかった。最初から優美を狙っていたから。

・文乃を殺したのは裏口から出てきたところを目撃されたから。ピエロの仮面をつけてたとしてもつけている時計で優美の夫だとバレてしまったから。

恭介宅にモデル3人と恭介が一緒に写った写真が立てかけてあったので、よく皆で集まっていたのかも。

・麟太郎と等々力は恭介と優美の家へ。そして俊助も合流する。

先生の携帯にGPS仕込んでるから合流できた。俊助…ww

・事務所に等々力の警察チームが行く。そこには目にピンヒールが刺さった社長の遺体。そして怪我をしている秘書。この秘書なんだろう。

・珠喜の毒殺にはさとうきびが使われていた。

業者を調べると恭介に卸していたことが判明。今回まさか大家さんが作ったさとうきびクッキーが伏線とは。

・ピンヒールを持ちながら、ピエロの恰好をした恭介。倉庫で優美を拘束し、追いかけまわす。

・麟太郎と恭介が到着。先端恐怖症なのに頑張る麟太郎。

今日の怯え方は一段と可愛いww

・恭介確保。優美救出。優美の支配下に居た恭介の犯行。

優美は夫の想いも復讐も全部知ったけど、全然自分の行いも悪かったなんて思ってない様子…。

そしてユリリンとトドと呼び合っていたという更なる衝撃的事実wwww

・恭介を本気でボコろうとした麟太郎。

妻を殺めようとすることが一番許せないことらしい。

等々力からの口からは話せないと俊助はまた麟太郎の過去に謎が深まっていく…。

オタク女
オタク女

3話終了!あと2話ですね…。

麟太郎の過去が少しずつ出てきましたけど、これあと2話で全て分かるのかな!?w

ではまた!

由利麟太郎 キャスト

吉川晃司吉川晃司: 由利麟太郎 役

吉川晃司コメント

“由利麟太郎”をやらないか? とお話をいただいたとき、面白い挑戦だなと思いました。そもそも、普通のドラマをやるのなら、僕には声を掛けないでしょう(笑)。伝統ある東映京都撮影所を拠点として、職人技を持ったスタッフの方々と一緒に、映画のようなスケールとこだわりで撮影できたことに、手応えを感じています。

由利は、心の奥底に深い孤独を抱えながら、人生をさすらっている男。セリフよりも、横顔や後ろ姿で、彼の生きざまを醸せればと思いながら演じました。
ちょっと不思議な手触りの作品になっていると思うので、楽しみにしていてください。

志尊淳

志尊淳: 三津木俊助 役

志尊淳コメント
ミュージシャンとしてのパフォーマンスはもちろんのこと、一人の人間としても、なんてかっこいいんだろう、ついていきたいと感じていた僕の気持ちと、由利麟太郎先生についていきたいと思う三津木くんの気持ちがリンクしているように感じました。
そんな二人の色濃く、コミカルなバディーが、いろんな角度から事件の謎を解決していきます。
撮影を経て、僕と吉川さんの距離が縮まったのと同じように、どんどん近くなっていく由利先生と三津木くんのバディー感もお楽しみに。

田辺誠一

田辺誠一:等々力警部 役

田辺誠一コメント
僕たちの永遠のアニキ・吉川さんの華麗なる由利麟太郎、かわいくクレバーな志尊くん、3人で毎日濃密な芝居ができた日々は、とても貴重で幸せな時間でした。心に残る数々のドラマを生み出してきた監督とカンテレのスタッフ、歴史ある東映太秦撮影所の技術、それらが京都の風景の中、横溝正史の独特な世界観を作り出します。見たことのないドラマになっているかと思います。全5話、多くの方に見ていただけるとうれしいです。

どんぐり

どんぐり:波田聡美 役

どんぐりコメント
オファーを頂いた時は、本当にうれしくてすぐにお返事させていただきました。自分の人生の中で吉川晃司さんとご一緒させて頂けることがあるとは、夢にも思ってなかったです。見て頂いている方が、「ミステリーなのに…アレ?なんか変なんがいるぞ?」と思って頂けるような、ドラマの中に、ほっとする感じが出るといいなと思います。

木本武宏

木本武宏:山岸克平 役

木本武宏コメント
吉川晃司さん主演のドラマに末席ながらも出演できることが恐縮すぎます。が…共演シーンはありませんので、放送されたら改めて感動すると思います。
そして、自由にやらせて頂いた木村監督に感謝です。が…「お好きにどうぞ」。これほど怖い言葉はない!

由利麟太郎 原作

ドラマは、「犬神家の一族」「八つ墓村」といった金田一耕助シリーズなどで知られる横溝正史の長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズが原作です。

吉川さん扮する元警視庁捜査1課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎と、志尊淳さん演じる麟太郎の助手の三津木俊助が数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。

由利麟太郎 主題歌は吉川晃司が書き下ろし

『探偵・由利麟太郎』のテーマ曲が、主演を務める吉川晃司の新曲「Brave Arrow」(メインテーマ)、「焚き火」(エンディングテーマ)に決定した。

 

楽曲はいずれもドラマのために書き下ろされた新曲で、“都会という荒野を彷徨うカウボーイ”という、役を演じる上でも吉川が大切にしていた「由利麟太郎」のイメージを意識して制作された。

由利麟太郎の動画を無料視聴する方法 まとめ

yuririntarou minogashi koushiki
動画配信サービス名 配信状況
・民間放送テレビポータルTver(ティーバー) 放送終了後1週間のみ視聴可能
FOD(フジテレビオンデマンド) 第1話から最終話までFODで視聴可能

 

由利麟太郎の動画ですが、FOD限定配信の為Tverでも見れません。

FODは月額課金のサービスにはなりますが、Amazon Pay(アマゾンに登録してるクレジットカードでの決済)でお支払いの場合、なんと初月無料になります!

そして、途中解約してもお金は一切発生しません!

ですので、1ヶ月の間にFOD内のコンテンツは好きなだけ見れます!また、電子書籍も見れるので相当楽しむ事が出来ますよ。

配信
14日無料

★フジテレビのドラマを見るなら必須

★料金888円に対して貰えるポイントは1300P(無料期間でも!)

★無料期間が14日間も

★実は有名雑誌が120以上読み放題(追加料金ナシ)

それではどうぞお楽しみ下さい!